株式会社ユムカ

おいしいお茶の入れ方。

入れ方によって、お茶の味は驚くほど変わります

1.必ず、一旦沸騰させたお湯を使ってください。

2.お茶の種類に合わせて、お湯の温度を調節します。湯冷ましや、湯飲みなどに一旦お湯を注いで好みの温度になるまで冷まします。

3.急須と湯飲みはあらかじめ温めておきます

4.急須に人数分の茶葉を入れます。茶葉の分量は、一人分だいたい大さじ1杯です。

5.お湯を静かに急須に注ぎます。お茶全体が浸るくらい入れてください。

6.30〜60秒置き(お好みにより調節してください)濃さが均等になるように、数回に分けて注いでください。

7.二煎目を美味しく飲むために、最後の一滴まで、注ぎ切ってください。

8.二煎目も同じ温度で入れてください。

お茶の種類による一般的なお湯の温度 玉露・・・50度 煎茶・・・80度

  

お茶の上手な保存方法。

おいしいお茶を、長くおいしく飲んでいただくために

煎茶道 東阿部流

▲ページのトップへ